ワッキーの登山ブログ

関東・甲信越・東北を中心とした山行を記録しています。

紅葉の大菩薩嶺・牛ノ寝通り 上日川峠から小菅の湯へ(2018年10月)

s-201810_大菩薩嶺・牛ノ寝通り (14)
大菩薩嶺付近の雷岩から富士山を一望。カラマツの黄葉が綺麗でした。

s-201810_大菩薩嶺・牛ノ寝通り (63)
牛ノ寝通りの紅葉。休日でも登山者は少なく、紅葉鑑賞を思う存分楽しめました。

<日にち>
2018年10月28日(日)

<天気>
晴れ時々曇り

<コース>
塩山駅⇒【タクシー】⇒上日川峠(7:10)⇒福ちゃん荘(7:30-7:45)⇒雷岩(8:40-8:50)⇒大菩薩嶺(8:55)⇒大菩薩峠・介山荘(9:55-10:15)⇒石丸峠(10:50-11:20)⇒榧ノ尾山(12:30-12:35)⇒大ダワ・棚倉小屋跡(14:05-14:15)⇒林道終点(15:10)⇒小菅の湯(15:35)⇒【バス】⇒上野原駅
8時間25分(休憩:約1時間30分)


10月下旬、大菩薩嶺(だいぼさつれい/2,056m)・牛ノ寝通りに行ってきました。

大菩薩嶺は山梨県に位置する人気の高い(深田)百名山です。大菩薩峠~雷岩の尾根道は広大な景色で、富士山だけでなく、南アルプスも見渡せるほど。上日川峠(1,840m)から登れば標高差は低く、山頂まで約2時間と、初心者が登りやすい山でもあります。また、紅葉が綺麗な山としても有名です。

一方、牛ノ寝通りは石丸峠から奥多摩・小菅村を結ぶ長い尾根を言います。大菩薩嶺とは対照的に登山者が少ないですが、道はフラットなところが多く、よく整備されています。山と高原地図では「紅葉が美しい(10月下旬)」と書かれていて、ずっと気になっていました。

どちらも紅葉シーズンに歩いてみたかったので、今回は公共交通機関を利用して、上日川峠から大菩薩嶺・牛ノ寝通りを歩き、小菅の湯へ下るルートに決定。危険箇所はありませんが全体的に長いので、なかなか歩きごたえがありました。

大菩薩嶺は5年前に1度登ったことがあり、今回久しぶりに登りましたが、富士山がとても綺麗に見えて、展望の素晴らしさを改めて実感。カラマツの黄葉もちょうど見頃でした。

また、牛ノ寝通りは今回初めて歩きましたが、紅葉で彩られた道がずっと続く素敵なところでした。紅葉シーズンでも意外と混雑せず、落ち着いた山行ができました。

↓クリックすると拡大します。
大菩薩嶺・牛ノ寝通り地図
 

続きを読む

スポンサーサイト

山行記録一覧(2018年11月10日更新)

s-201712_安達太良山 (32)
2017年12月10日 安達太良山

山行記録一覧(山域別)はここをクリック

【2018年】
2018年10月28日 大菩薩嶺・牛ノ寝通り【紅葉】
2018年10月13日 巻機山【紅葉】
2018年10月08日 御嶽山【火山】【紅葉】
2018年09月23日 磐梯山【火山】【紅葉】
2018年09月06日 浅間山(前掛山)【火山】
2018年08月26日~27日 空木岳【駒峰ヒュッテ泊】
2018年08月04日 北八ヶ岳(ニュウ・中山)【苔】
2018年07月21日 乗鞍岳【ご来光】【花】
2018年07月14日~15日 白山【お池めぐり】【花】
2018年07月01日 仙丈ヶ岳【カール】【花】
2018年06月24日 岩菅山【花】
2018年06月02日 一切経山・東吾妻山・吾妻小富士【五色沼】
2018年05月26日 谷川岳【花】
2018年05月04日~05日 剣山・三嶺【縦走】
2018年04月29日 大峰山(山上ヶ岳)
2018年04月28日 御在所岳【アカヤシオ】
2018年04月08日 今熊山【ミツバツツジ】
2018年03月31日 ミツバ岳【ミツマタ】
2018年03月25日 雲取山【雪山】
2018年03月17日 高尾山【梅】【ハナネノコメ】
2018年03月04日 守門岳【雪山】
2018年02月11日 三ツ峠山【雪山】
2018年02月03日 西吾妻山【雪山】【樹氷】
2018年01月14日 烏場山【低山】
2018年01月07日 四阿山【雪山】
2018年01月04日 湘南アルプス【夕日】

【2017年】
2017年12月30日 高尾山【シモバシラ】
2017年12月24日 北八ヶ岳(縞枯山・茶臼山)【雪山】
2017年12月10日 安達太良山【雪山】
2017年11月26日 発端丈山・(伊豆)葛城山【海の展望】
2017年11月19日 高尾山・小仏城山【紅葉】
2017年11月12日 倉岳山【紅葉】【秀麗富嶽十二景】
2017年11月05日 牛奥ノ雁ヶ腹摺山・大菩薩峠【紅葉】【秀麗富嶽十二景】
2017年11月03日 トレッキング湯沢Ⅰ【紅葉】
2017年10月08日 苗場山(祓川コース)【紅葉】
2017年09月30日 那須岳(茶臼岳・姥ヶ平・南月山)【紅葉】【火山】
2017年09月24日 八幡平~三ツ石山(裏岩手連峰縦走コース)【紅葉】【縦走】
2017年09月10日 四阿山(あずまや温泉から)【花】
2017年09月09日 焼岳(中の湯⇒上高地)【火山】
2017年08月26日~27日 立山【縦走】
2017年08月05日~08日 大雪山・黒岳~トムラウシ山【縦走】【花】【ヒグマ】
 【前編】08月05日~06日 黒岳、北海岳、白雲岳
 【後編】08月07日~08日 忠別岳、トムラウシ山
2017年07月16日 草津白根山【湯釜】【コマクサ】
2017年07月09日 早池峰山【ハヤチネウスユキソウ】
2017年07月08日 秋田駒ヶ岳【チングルマ】【コマクサ】
2017年06月24日 浅草岳・鬼ヶ面山【ヒメサユリ】
2017年06月11日 尾瀬(鳩待峠⇒沼山峠)【水芭蕉】
2017年05月28日 天城山【アマギシャクナゲ】
2017年05月20日 巻機山【残雪】【新緑】
2017年05月15日 金剛山・大和葛城山【新緑】【ヤマツツジ】
2017年05月04日 御前山・菊花山【新緑】【ヤマツツジ】
2017年04月30日 至仏山【残雪】
2017年04月23日 坪山【ヒカゲツツジ】
2017年04月09日 小仏城山【新緑】【花】
2017年03月19日 伯耆大山【雪山】
2017年03月12日 武尊山【雪山】
2017年03月05日 西穂丸山【雪山】
2017年02月12日 丹沢(塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳)【雪山】【縦走】 
2017年02月04日 八ヶ岳(編笠山)【雪山】
2017年01月29日 岩殿山
2017年01月09日 石割山【雪山】

【2016年】
2016年12月30日 石鎚山【雪山】【樹氷】
2016年12月18日 蓼科山【雪山】 
2016年12月04日 杓子山・高座山【モルゲンロート】
2016年11月23日 高尾山【紅葉】
2016年11月12日 御前山(奥多摩)【紅葉】
2016年11月05日 飯盛山(めしもりやま)【黄葉】
2016年11月03日 三ツ峠山【紅葉】
2016年10月22日 越後駒ヶ岳(枝折峠ピストン)【紅葉】
2016年10月10日 谷川岳【紅葉】
2016年10月01日~02日 栗駒山【紅葉】
2016年09月18日 尾瀬(沼山峠⇒鳩待峠)【草紅葉】
2016年09月04日 月山(羽黒山口コース)【花】
2016年09月03日 鳥海山(矢島口(祓川)コース)【花】
2016年08月11日~13日 屋久島②(縄文杉・白谷雲水峡)【縦走】 
2016年08月11日~13日 屋久島①(宮之浦岳・黒味岳)【縦走】
2016年07月31日 木曽駒ヶ岳・宝剣岳【花】
2016年07月10日 富士山(吉田ルート) 
2016年06月18日 常念岳(一の沢ピストン)【花】 
2016年05月28日 谷川岳(登り:天神尾根、下り:西黒尾根)【花】 
2016年05月22日 西丹沢・檜洞丸【ツツジ】 
2016年05月04日 三ツ峠山【新緑】 
2016年04月09日 吉野山【桜】【新緑】 
2016年03月26日 関東ふれあいの道「三浦・岩礁のみち」
2016年03月21日 日光白根山(山頂駅からピストン)【雪山】 
2016年03月05日 谷川岳(天神尾根ピストン)【雪山】
2016年02月11日 那須岳(茶臼岳)【雪山】
2016年01月31日 黒斑山・蛇骨岳【雪山】 
2016年01月16日 三ツ峠山【夕焼け】 
2016年01月10日 仏果山・高取山 
 

続きを読む

紅葉の巻機山 井戸尾根コースで日帰り登山(2018年10月)

s-201810_巻機山 (11)
前巻機山(ニセ巻機山)の紅葉。

s-201810_巻機山 (18)
前巻機山(ニセ巻機山)から巻機山を一望。山全体が草紅葉で色づいていて素晴らしかったです。

<日にち>
2018年10月13日(土)

<天気>
晴れのち曇り

<コース>
桜坂駐車場(8:00)⇒五合目(8:55-9:05)⇒六合目展望台(9:40-9:45)⇒前巻機山(ニセ巻機山)(11:20-11:35)⇒巻機山(12:20-12:25)⇒牛ヶ岳(12:40)⇒巻機山(13:10-13:30)⇒前巻機山(ニセ巻機山)(14:10)⇒六合目展望台(15:10-15:15)⇒五号目(15:40-15:45)⇒桜坂駐車場(16:30)
8時間30分(休憩:約1時間30分)


10月中旬、巻機山(まきはたやま/1,967m)を登ってきました。

巻機山は新潟県と群馬県の県境(上越国境)に位置していて、巻機山(本峰)・牛ヶ岳・割引山・前巻機山(ニセ巻機)の4つのピークからなっています。谷川連峰や越後三山から近く、なだらかな山容が印象的な山でもあります。

巻機山は残雪シーズンに登ったことがありますが、紅葉が綺麗な山と以前から聞いていたので、再び登ることにしました。

コースは最もメジャーな井戸尾根をピストンで。他にもヌクビ沢や天狗尾根、裏巻機渓谷から登る新道・旧道などのコースがありますが、いずれも危険箇所が多い上級者向けです。

当日、紅葉は六合目・展望台から先が見頃を迎えており、特に前巻機山(ニセ巻機)~巻機山の草紅葉が素晴らしかったです。

また、巻機山は深田百名山なので登山者は多かったですが、思ってたより混雑しておらず、紅葉の巻機山を思う存分堪能できました。
 

続きを読む

紅葉の御嶽山 剣ヶ峰の規制解除最終日・3連休は大混雑(2018年10月)

s-201810_御嶽山 (8)
御岳ロープウェイ飯森高原駅から御嶽山。紅葉が見頃で風光明媚な景色でした。

s-201810_御嶽山 (29)
剣ヶ峰の規制解除最終日は3連休と重なり大混雑。剣ヶ峰まで数珠つなぎの状態でした。

<日にち>
2018年10月8日(月)

<天気>
快晴のち曇り

<コース>
ロープウェイ飯森高原駅(8:30)⇒女人堂(9:40-9:50)⇒石室山荘(10:55-11:00)⇒剣ヶ峰分岐(11:30)⇒二ノ池(11:35-11:40)⇒サイノ河原避難小屋(12:20-13:15)⇒女人堂(14:50-15:00)⇒ロープウェイ飯森高原駅(15:50)
7時間20分(休憩:約1時間30分)


10月の3連休、御嶽山(おんたけさん/3,067m)に行ってきました。

御嶽山は長野県と岐阜県の県境に位置する火山で、最高峰の剣ヶ峰をはじめ、摩利支天山(まりしてんやま/2,959m)や継子岳(ままこだけ/2,859m)などの外輪山がある独立峰です。

天気が良ければ、名古屋の展望台などから御嶽山を見ることができます。私が初めて見たのは冬で、真っ白な御嶽山はとても印象に残っており、その後、登山を始めてからは、御嶽山を近いうちに登ろうと考えていました。

そんな中起こったのが、2014年9月27日の御嶽山噴火。ちょうど紅葉シーズンの土曜日だったこともあり、多くの犠牲者を出しました。2年後に発行された御嶽山噴火 生還者の証言(小川 さゆり (著))には、当時の噴火の様子や恐ろしさが詳細に書かれています。

2014年の噴火以降、剣ヶ峰周辺は規制が続いていましたが、2018年9月~10月に期間限定で剣ヶ峰への登山道の一部が規制解除され、4年ぶりに剣ヶ峰へ行けるようになりました。今まで登ったことがなかったこともあり、これを機会に登ってみようと思ったのです。

登ったのは10月3連休の最終日。この日は天気が良く、ロープウェイ飯森高原駅~女人堂では紅葉が見頃を迎えていて、まさに登山日和でした。

しかし、「3連休」、「紅葉」、「剣ヶ峰規制解除」、「天気が良い」がそろっていて、登山者が来ないはずはなく、ロープウェイでは1時間待ち、剣ヶ峰まで数珠つなぎの状態と、混雑は半端ないものでした。

また、この日は剣ヶ峰の規制解除最終日で、剣ヶ峰に行けるのは11時まででしたが、出遅れてしまったこと、ロープウェイに乗るまで時間がかかったことで、残念ながら間に合わず剣ヶ峰へ行くことはできませんでした。

それでも御嶽山の紅葉や三ノ池など、風光明媚な景色を見ることができ、二ノ池周辺では噴火の跡が残っていて、御嶽山の美しさと厳しさを体感できた山行でした。

s-201810_御嶽山 (21)
八合目付近の紅葉は終盤でしたが綺麗でした。

s-201810_御嶽山 (41)
三ノ池。
 

続きを読む

秋の磐梯山 猪苗代登山口から裏磐梯登山口へ(2018年9月)

s-201809_磐梯山 (23)
赤埴山から磐梯山を一望。会津のシンボルであります。

s-201809_磐梯山 (55)
櫛ヶ峰。明治(1888年)の噴火で崩壊した跡が今でも残っています。

<日にち>
2018年9月23日(日)

<天気>
晴れ時々曇り

<コース>
猪苗代登山口(7:05)⇒天の庭(8:15-8:25)⇒赤埴山(9:05-9:40)⇒弘法清水小屋・岡部小屋(10:55-11:10)⇒磐梯山(11:45-13:00)⇒火口原(14:45-15:15)⇒裏磐梯登山口(16:10)⇒バス停・裏磐梯高原駅⇒【バス】⇒バス停・五色沼入口⇒【バス】⇒猪苗代駅⇒【タクシー】⇒猪苗代登山口(車回収)
9時間5分(休憩:約2時間45分)

<その他>
裏磐梯高原駅~五色沼入口~猪苗代駅のバス時刻表は、磐梯東都バス 路線バス時刻表のご案内で確認できます。


9月下旬の3連休、磐梯山(ばんだいさん/1,816m)を登ってきました。

磐梯山は福島県の猪苗代・裏磐梯に位置する、会津のシンボルと言える山であります。初めて磐梯山を見たのは、JR磐越西線に乗って会津若松へ行った時。猪苗代駅付近から見た磐梯山は見事な山容で、とても印象に残ったことを覚えています。

その後、2012年10月に八方台登山口から登りましたが、微妙な天気だったため、山頂は霧で何も見えず‥。紅葉は綺麗でしたが、山頂の展望を満喫できなかったのが心残りでした。

そこで今回、天気の良い日を狙って、再び磐梯山を登ることにしました。

磐梯山はコースがたくさんあって、八方台登山口から登るコースが最もやさしく人気が高いですが、前回登ったので、今回は猪苗代登山口から登り、裏磐梯登山口(火口原を経由)へ下るコースで。山頂付近は紅葉が見頃をむかえていて、猪苗代湖など360度の展望を楽しむことができました。

また、裏磐梯方面へ歩くと、明治(1888年)の噴火で崩れた跡、爆裂火口が姿を現します。特に櫛ヶ峰(くしがみね/1636m)の崩壊跡は印象的で、磐梯山が火山であることを強く実感できるコースだと思いました。

クリックすると拡大します↓
磐梯山
黄色が前回歩いたコース、水色が今回歩いたコースです。
 

続きを読む

浅間山(前掛山) 浅間山荘から日帰り登山(2018年9月) 

s-201809_浅間山 (24)
浅間山、周囲にはカラマツの群生。噴火警戒レベルが1になり、やっと登ることができました

s-201809_浅間山 (40)
浅間山(前掛山)の展望。荒涼感ある景色が広がり、遠くには四阿山(写真左上)などが一望できました

<日にち>
2018年9月6日(木)

<天気>
晴れ時々曇り

<コース>
浅間山荘(9:15)⇒火山館(10:50-11:00)⇒前掛山(12:55-13:10)⇒火山館(14:25-14:40)⇒浅間山荘(15:55)
6時間40分(休憩:約50分)


9月上旬、浅間山(前掛山/2,524m)を登ってきました。

浅間山は群馬県と長野県の県境、軽井沢付近に位置する山です。独立峰なので遠くからでもよく目立ち、軽井沢のシンボルでもあります。

私もいろんな山から浅間山を眺めましたが、今まで登ったことがありませんでした。というのも、浅間山は火山であり、2015年6月以降は噴火警戒レベル2が続いていて、登山道が規制されていたのです。

なかなか規制解除されず、このままずっと登れないんじゃないか・・と思ってましたが、2018年8月30日になんと約3年ぶりにレベル1に。登山道の規制が解除され、前掛山まで登れるようになりました(火口付近はレベル1でも立入禁止です)。

浅間山といえばカラマツの黄葉でも有名なので、その時期まで待とうか迷いましたが、9月6日(木)の天気が良く、かつ休暇がとれたので、この機会を逃すまいと思い、登ることに決めました。

コースは2つあって、①浅間山荘から登るコース、②車坂峠から登るコースがあります。

②は外輪山を歩くことができ、浅間山の立派な山容が見れるので、展望が優れている一方、草スベリの急坂があり、登り下りが大変なので、今回は①浅間山荘から登るコースにしました。全体的に歩きやすく、登り返しや危険箇所は無いので、安心して登ることができました。

クリックすると拡大します↓
浅間山のコース
  

続きを読む

FC2Ad

まとめ